説明 トラックバック 

トラックバック機能ってブログによくありますね。
わかってるようでわからな機能。
調調べてみました。

まずは、ブログではない「通常のHP」を例にしてみると。

通常のHPの場合、他のHPの紹介(=リンク)を行うことが良くあります。
お気に入りのページや役に立つページを、自分のHPのアクセス者に教えてあげるために、そのページを「リンク」する訳です。

そして、ホームページの「お作法」としては、他のHPをリンクした時には、「あなたのページをリンクしましたよ」というのを、先方に教えることになっています。

しかし、相手に「あなたのHPをリンクしましたよ」と教えてあげるのが、結構面倒くさいのです。
先方のHPの「メールアドレス」を調べなければいけませんし、またメールをおくるのも手間がかかります。

そのため普通、こうした「あなたのページをリンクしました」と、わざわざお知らせする人はあまりいません。

一方、HPをリンクしてもらった人は、必要に応じて「このサイトをリンク頂いている方々」というようなコーナーを設けて、自分のHPをリンクしてくれた人を紹介したりします。

しかし、これも結構面倒くさいので、リンクしてもらった方もあまり対応しません。

こうした理由で、ホームページの「相互リンク」はあまり行われていないのが現状なのです。

トラックバックとは、このような手間を省いた
あなたの記事「"リンクしました"のお知らせ機能」です。

しかしブログの場合、「トラックバック」という「リンクお知らせ機能」を使うと、「あなたのページを紹介しました」と言う情報が自動的に相手に送られます。

そして相手のブログでは、その情報を自動的に「記事」の下の方にある「トラックバック」というコーナーに反映させます。

普通のホームページなら、「手動」で更新しなければいけない「当サイトをリンク頂いたページ」のコーナーが、自動更新されて「トラックバック」というコーナーに反映されるのです。

つまりトラックバック機能を使うと
「私のブログで、あなたの記事を紹介しました」ということを、先方のブログに「簡単に」伝えることができるのです。
先方のブログでは、「トラックバックコーナー」で、「自分を紹介してくれたブログ」が自動的に一覧紹介されるというメリットがあります。

その結果
自分のブログ 自分の記事で、相手のブログをリンクする
相手のブログ 相手の「トラックバック」のコーナーで、自分のブログがリンクされる

という状態になります 。こうして、「相互リンク」が自動的に行われて、ブログ同士の連携が進むことになるのです。

つまり「トラックバック」というのは
「あなたのブログを、私のページで紹介しました(リンクしました)よ」の自動通知機能
ということになります。
 
よく、トラックバックは、「相手のブログ」に、「自分のブログ」を「無理矢理」リンクさせる機能だ
と勘違いしている人がいます。

トラックバックというのは、
私がリンクしましたよ、ということを先方に伝える
(そのお礼として)、先方でトラックバックコーナーにリンクしてもらうという機能です。

相互が納得してリンクし合えば何の問題もない機能なのです。

ただ「自分がリンクしていないのに、先方にだけリンクさせる」というのは、マナー違反として嫌わます。こうした行為は「トラックバック・スパム」と呼ばれて、最近非難されますので、注意してください。
 
このブログにもその設定があります

トラックバック ? ○受付/表示 ○受付しない/表示しない
         ○受付しない/表示 ○受付/承認後表示

好きな設定にしてご使用ください

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423727087

この記事へのトラックバック